スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・サン/第48回「改革の始まり」

120422blank

テス達3人組に春が訪れました。
従五品(何か律令制みたい…)に大出世(^o^)/

イ・チョンとタク・チスは二重の意味で小さいですね。


一方 サンはキ・チョニク、ユ・ドゥッコン、
パク・チェガを抜擢した事で、ノロン派と全面戦争に(-.-;)

身分を明かした時の3人の顔には笑いました。
暴れん坊将軍みたいですね(笑)

(画像:番組HPより)

スポンサーサイト

善徳女王/第11~15話

先週のトピックは、やはり"サダハムの梅"でしょうか。
あとはペクチェ戦での手柄ですね(^-^)
ミシルの核心に迫った1週間でした。

back11_1

第11話「死の任務」…最も苦しい戦いで、シヨルも死んでしまいました(ToT)
              トンマンとユシンの絆が深まりましたね。

第12話「奇跡の生還」…生還したユシン親子が出世したのも束の間、
               ファジョンのせいでトンマンがピンチに(-.-;)
               ポジョンって不肖の息子ですね。

第13話「サダハムの梅 前編」…前回ラストで尼僧の正体が明らかに。
                    次にトンマンはカレー事件に巻き込まれ、
                    最後にチルスク登場(>_<)なかなか刺激的でした。

第14話「サダハムの梅 後編」…ソファまで出て来て、2人はミシルに捕まりました(°□°;)
                    思い出に涙する ミシルの意外な一面が印象的でした。

第15話「疑惑」…三国志の"偽書疑心"ばりに、ミシルが謀略を尽くしました(-"-;)
           トンマンは偽って寝返り。出世の秘密に近づけるでしょうか。

back15_2

(画像:BSフジHPより)

イ・サン/第47回「初めての試練」

120415blank

今回は感動しました。ノロン派の粛清と言う重いテーマながら、
敵も味方も反応は人それぞれで納得させられる物がありました。

思わずテレビに座り直してしまいましたよf^_^;


潔かったチョン・フギョム、敵を呪ったファワン、
憑き物が落ちたように生き延びる事に専念したテビ、
形振り構わず命乞いしたホン・イナン、粛清に揺るぎない決意を示したサン、
チョン・フギョムの最期に向き合ったホン・グギョン…

誰が間違っていると言う事はなく、それぞれ名場面だと思いました(-.-;)

(画像:番組HPより、4/23投稿)

善徳女王/第6~10話

先週はトンマンの環境が大きく変わりました。
トンマン自身は成長しましたし、登場人物も増えて人間関係が濃くなりました。
今後話がどういう方向に進み、出生の秘密がどう関わるのか興味津々です。

しかしトンマンは男装し続けてて、よくバレないなぁf^_^;

back07_1

第6話「双子の再会」…それと知らずにトンマンとチョンミョンが
 再会しましたが、印象はお互いに最悪(-.-;)

 でもチョンミョンも元々の頭は悪くないから、
 山賊に認められたトンマンを見て 自分に無い物を感じる事でしょう。
 雨乞いのエピソードは、その着想に笑ってしまいました。


第7話「運命的な絆」…今度はポジョンに追われる事になった姉妹。

 ひょんな事から彼を手当てしたトンマンですが、
 チュクパン(医者だった!)・コドと行動を共にする事に。
 ムンノはまたしても不在でしたね(>_<)


第8話「チョンミョンの決意」…チョンミョンの意向で
 キムユシンに仕える事になったトンマン。
 しかし皆ソクプム隊にピジェで負けてしまい、切なかったです(ToT)

 一方ミシルはチョンミョンの挑戦を受け、トンマンとも初めて対面。
 印象的な場面が多かったです。


第9話「花郎の掟」…キムユシンによる訓練が始まりましたが
 トンマンには特に厳しく、二人は反目してしまいます。

 そんな中、他のファランと決闘騒ぎになり、
 ソッカム城の奪還命令も下ります(-"-;)大丈夫でしょうか。


第10話「陽動作戦」…ソルォンの汚い策略で、
 寡兵でアマク城を攻める事になったキムソヒョン軍。

 トンマンはアルチョンの指揮下で初陣し、
 味方(隊長)の死を経験して 敵も初めて殺しました。

 やっぱりキムユシンが撤退命令を伝える場面は緊張しましたねf^_^;

back10_1

(画像:BSフジHPより、4/16投稿)

キム・マンドク~美しき伝説の商人~/「第1話」

story_img1

「イ・サンやトンイの時代の話」と言うコピー(BS TBS)で
見る事に決めました(笑)
「正祖19年(1795年)」とか聞いてテンション上がりましたよ。

欲を言えば、チャングムやホジュンが始まって欲しかったですが、
全30話なら韓ドラでは大変少ない部類ですしねf^_^;


話はキム・マンドクの幼少時代に遡ります。

初回は設定の説明のようでしたが、特にカン・ゲマン大房による暗殺計画と、
チョン・ホンスとホンの縁が気になりました。

次回、キム・ウンリョル主簿はホンにどんな裁きを下すのでしょうか(-.-;)

(画像:http://kimmandeok.siteinfo.jpより、4/25投稿)

善徳女王/第1~5話

最近「太祖王建」に乗り遅れて凹んでいたところ、
「韓流プレミア」でこの番組が始まったので迷わず見ましたf^_^;
少しは迷えよ、俺(笑)

手元の李氏朝鮮ガイド本に載ってないと思ったら、
6世紀(!)の話なのね。

韓国で視聴率40%だったそうで、
期待し過ぎない程度に見始めましたが…面白いです(*^o^*)

back01_2

第1話「王の死」…最初に出て来た24代チヌン王、
 「イ・サン」のヨンジョの人ですよね。

 ミシルが乗り込んで来た部屋にペクチョンが
 隠れてた場面は印象的でした(- -;)

 攫われたマヤ姫は助からないかと思いましたが…


第2話「双子の誕生」…チンジ王が廃されて26代チンピョン王が即位。
 そんななか、ミシルを王妃に推薦する会議に
 現れたムンノは痛快でした(^o^)/大逆転でしたね。

 ホッとしたのも束の間、ラストで敵が扉を叩いてましたが、
 赤ちゃんはどうなってしまうのでしょうか。


第3話「北斗"八"星」…ソファが無事落ち延びて良かったですね。
 洞窟で放火された時はどうなる事かと思いました(ToT)

 前回もそうですが、ムンノの殺陣はレッドクリフかと
 思うくらいカッコ良かったです。
 ミシルが兵士を斬り殺した場面は悪女ぶりが良く現れてましたね。


第4話「チルスクの執念」…タイトル通りでしたね。
 二人ともチルスクによく立ち向かいました(^_^)

 あと、トンマンの賭けの場面が面白かったです。


第5話「悲しみを乗り越えて」…ソファが死ぬとは意外でした。
 トンマンを育て上げたのは立派でしたね(-.-;)

 他には、ヨンスの葬儀でミシルがチョンミョンに
 「出て行け」と囁いた場面が印象的でした。悪い女だな!

back04_2

(画像:BSフジHPより、4/8投稿)

イ・サン/第46回「断罪の決意」

120401blank

前回 刺客が王宮殿に忍び込み、
あわやサンと遭遇しそうになりました(-.-;)

ところが今回、番組が始まってすぐ地震が起きて、
画面がアナウンサーに切り替わってしまいました。

番組が再開した時は、もう昼間で会議の場面でした。
そりゃないよ(ToT)


結局ノロン派は一網打尽になりましたが、
チョン・フギョムは潔い態度でしたねf^_^;

ホン・グギョンに一歩及ばないやられ役と言うイメージですが、
彼としてはベストを尽くしたし覚悟の上だったのでしょう。
ホン・イナンとは大違いでした。

(画像:番組HPより、4/2投稿)

イ・サン/第45回「即位の日」

120325blank

サンが即位しました。ここまで長い道のりでしたし、
ヘビンも喜んでましたね。

式典の映像が珍しかったので見とれてしまいました(*^o^*)


一方、サン暗殺計画のほうも佳境に。
殺し屋は遂に王宮殿にまで来てしまいました(-.-;)

サンの運命やいかに?(まぁ、助かるんだけど 笑)

(3/26投稿)

イ・サン/第44回「形見の指輪」

120318blank

遂にヨンジョが亡くなりました。
あくの強い人ではありましたが、
民を慈しみ子を思う良い王様でしたね(-.-;)

国中上から下まで号泣してるのにはビックリしましたf^_^;
一種の儀式なのでしょうが、パク・タルホとか
日頃悪口を言ってたよね(笑)

一方、チョン・フギョムはまたコソコソと暗殺計画を。
懲りないなぁ(笑)

(画像:番組HPより、3/19投稿)

イ・サン/第43回「洗い流された汚名」

120311blank

最後 ヨンジョが居なくなってしまいましたが、
前後の会話からして不安ですね。

いよいよお迎えが近い気がします(-.-;)


今回 ノロン派に様々な処分が下されましたが、
サンの陣営もホン・グギョンが暴走したりして
感情的なしこりが残っていました。

唯一の救いは、サドセジャ=謀反人と言う公式記録を
抹消する儀式が行われた事ですね。

もっともノロン派は腸が煮えくりかえっている感じでしたが…f^_^;
(特にチョン・フギョムとキム・ギジュ)

(画像:番組HPより、3/12投稿)

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。