スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海がきこえる

110715-01

スタジオジブリ作品では珍しく、非ファンタジーな作品でした。
映像も綺麗でしたが、背景や人の表情が他の作品とやや異なる印象を受けました。

日本テレビHPで里伽子のことをツンデレと書いてましたが、
言動は確かにやや自己中心的でしたね。
デレな面はあまり感じなかったなぁ…

(画像:日本テレビHPより、7/19投稿)

スポンサーサイト

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

ゲド戦記

110715-02

綺麗な絵でしたね~
原作があるぶん、映像化も大変だったと思います。
人の表情や動作がリアルで、過去の作品の表現手法を受け継いでいます。

心の闇の呪縛を受けるアレンが、(ハイタカや)テルーの言葉を受け入れ、
生きることに向き合うようになったのがポイントでした。

決して悪くない場面なのですが、どこかで見たような気がしてしまうのは少し残念でした。

(画像:日本テレビHPより、7/19投稿)

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

魔女の宅急便

110708-02

テレビ回顧は溜めるものじゃないですね(>_<)
もう20年も前の作品なのに、今でも全然見れます。クオリティ高っ!

背景が最近のジブリより簡素な印象を受けましたが、
ある種おどろおどろしい部分が薄いだけに、
逆に自由と言うかリラックスして見れました。

キキの感情部分をもっと膨らませてもいいかなぁ、とは思いました。
社会的メッセージ性は薄いし、トンボとの恋愛物語でもないですから…

(画像:日本テレビHPより、7/21投稿)

もののけ姫

110701-01

今月の日テレはジブリ特集だそうで、もののけ姫を見てしまいました。
絵がすごく綺麗ですね~。対象のわずかな動きも表現して、
それでいてしつこくなく爽快感を残しています。

ストーリーは、ある意味マニアックで分かりづらいと思いますが、
それを感じさせない表現力で観客を一気に引き込みます。

「人間は文明を利用してどこまで自然を破壊するのか」という意味の
セリフにはハッとさせられました。

(画像:日本テレビHPより)

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。