スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名のない音楽会/箏の名曲はキリシタン音楽がベース?

4ddce71a969ac

1:千々の悲しみ 作曲:ジョスカン・デ・プレ
2:「クレド第1番」より【グレゴリオ聖歌】
3:「六段」初段 作曲:不詳
4・5:「クレド第1番」&筝曲「六段」(初段・二段)の合奏

今回はキリシタン音楽がテーマで、箏の名曲「六段」が
実はクレド第1番を演奏したものではないか、という話でした。
(「千利休とキリシタン文化の関係性」も言ってましたね。)

確かに、演奏を聴いてみると曲が似ていて驚きました。
グレゴリオ聖歌は荘厳な曲で、聴きいってしまいましたよ。

(参照:番組HPより)
関連記事

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。