スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N響アワー/〈生誕150年 マーラー交響曲シリーズ〉~ 最終回・第3番ニ短調から ~

250px-Gustav_Mahler_1909

今回のN響アワーは、「マーラー生誕150年」と題した
去年からの特集の最終回でした。(交響曲第3番ニ短調の抜粋)


ビシュコフさん、アシュケナージさん、シュテンツさん、チョンさんら
マエストロがマーラーを熱く語っていたのが印象的でした。

「マーラーを言葉で語ることはできない」とまで言ってましたからね^^
何でも人生での感情そのものを表現しているとか。僕ももっと聴かなくては。。


(参照:番組HPより、画像:ウィキペディアより)
参考までに、この一年間 N響で演奏したマーラーの曲を転記します。


4月放送:第5番 (セミョーン・ビシュコフ指揮)
5月放送:第9番 (ルベルト・ブロムシュテット指揮)
6月放送:第8番「一千人の交響曲」 (若杉弘 指揮)
7月放送:第6番「悲劇的」 (ウラディーミル・アシュケナージ指揮)
9月放送:第1番「巨人」 (ズービン・メータ指揮)
10月放送:第4番 (ウラディーミル・アシュケナージ指揮)
11月放送:第10番 (デーヴィット・ジンマン指揮)
12月放送:第7番「夜の歌」 (エフゲーニ・スヴェトラーノフ指揮)
1月放送:第2番「復活」 (マルクス・シュテンツ指揮)
2月放送:「大地の歌」 (広上淳一 指揮)
今回放送:第3番 (チョン・ミョンフン指揮)
関連記事

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

衝撃の作曲家紹介

佐村河内守です。
全聾ですが、そんな下駄を履かせる必要のない世界でずば抜けた天才です。

来月、日本コロムビア100周年記念作品として彼の超大作、交響曲第一番《HIROSHIMA》(81分)が発売されます。
日本では作風故、異端視され気の毒なほど叩かれ排除されかけていますが真の天才です。

ラー博さん

コメントありがとうございますm(_ _)m
知りませんでした。。テレビとかでやらないか、注意してみます!
最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。