スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンナ/飛鳥の降臨

ふと「カンナ」シリーズを読んでみようと思いました。
先は長いな…(>_<)

衝撃の内容でした。敢えてネタバレはしませんが…
聖徳太子に関する伝承や文献(記紀)が謎に満ちていて、
その実在性が疑われている、という話です。

ここから話は飛躍していきますが、例によって
怨霊の話と結びつくので、結論自体には納得です。

殺人事件のほうは…印象が薄いかな(^_^;)

関連記事

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。