スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N響アワー/パパ・ハイドンの栄光

Haydn_portrait_by_Thomas_Hardy_%28small%29

交響曲 第104番 ニ長調 「ロンドン」 から    ( ハイドン作曲 )
指揮: クリストファー・ホグウッド
[ 収録: 2009年9月25日, NHKホール ]
 
古典交響曲 作品25    ( プロコフィエフ作曲 )
指揮: シャルル・デュトワ
[ 収録: 2007年1月12日, NHKホール ]
 
ハイドンの主題による変奏曲 作品56a    ( ブラームス作曲 )
指揮: イオン・マリン
[ 収録: 2011年1月19日, サントリーホール ]


今回は、'交響曲の父'ハイドンでした。
番組中では「パパ」と呼んだりして、お茶目でした(^_^)

ベートーベンは曲が完成していて、後世の作曲家が入り込む余地は無かったそうですが、
ハイドンの場合、プロコフィエフやブラームスが作曲していて対照的ですね。
両方ともいい曲でした~

(画像:ウィキペディアより、7/21投稿)

関連記事

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。