スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田練三郎「英雄ここにあり」

51QQRQG366L

大作を読破しますた。マジ疲れました(ToT)
しばらくの間、本は読みたくないです…

三国志と言うと、「三国志演義」や吉川英治氏の小説が有名ですが、
なかなかどうして柴練三国志も教科書に値する本格的作品です。

基本的に演義に基づきながら、トピックを取捨選択しているので冗長感はありません。
架空の設定は多めで、特に孔明は絶対化されてますね。
あと、性的描写も見受けられますがスマートに纏まっていて、官能的な割にしつこくは感じません。

来年は、北方謙三氏か陳舜臣氏の作品を読んでみようかな…

関連記事

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。