スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺新之丞

先日、「群雲、賤ヶ岳へ」と言う本を読んでいたら、
渡辺新之丞の話が出て来ました。
三成主従が今生の別れを交わす場面は感動的です。

石田三成公も、三国志で言えばプチ曹操と言うか、
人の心を掴むのが上手いですね。

彼らの夢は関ヶ原で終わったのではなく、
今も人々の心に生き続けていると思います。

(1/23投稿)

関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。