スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語者/林家彦いち「狸の札」

162

僕はこの話を初めて聞きましたが、面白かったです。
途中から狸はどうなるのか、不安になってしまいました(-.-;)

彦いち師匠演じる二人のやり取りが可笑しかったですf^_^;


しかし、枕で「落語では狸がしばしば人を化かす」と言ってましたが、
この日は他局の演目も「化け物使い」でした。
凄い偶然だなぁ(°□°;)

(画像:社団法人落語協会HPより、1/24投稿)

関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。