スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語者/柳亭左龍「お菊の皿」

saryu

この話は初めて聞きましたが、幽霊を見せ物にして
儲けようと言うのだから商魂逞しいですね。

「お菊煎餅が売り出されたけど9枚入り」も
ありそうな話で笑ってしまいましたf^_^;


やっぱり左龍師匠がお菊を恨めしそうに表現されたのが印象に残りました(^-^)

話の展開が怪談・コメディ(お菊のアイドル化)・お祭り騒ぎ…
と変わって行きますが、その都度場面が目に浮かぶようでしたね。

(画像:社団法人落語協会HPより、4/17投稿)

関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。