スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古今亭志ん朝「今戸の狐」

 今日はちょっとネタ切れなので落語の話を。最近思い通りにならない事が多いので、通勤中に志ん朝を聞いてます。電車に揺られて聞いてると、会社に着く頃にはこれが不思議と低血圧が解消してるんです。今日聞いてるのが「今戸の狐」なんですが…

 これが博打の話で隠語が随所に出て来る、話し家には難しい演目と思うんですが志ん朝はよどみが無いですね。博打と焼き物のやり取りで、話が噛み合ってるようで噛み合ってないのが面白いです。どっちがボケでどっちが突っ込みかわからない。特に狐の説明をして掘り下げていく辺りは爆笑ものですね。これも江戸っ子の語りを志ん朝がやるから絶妙なんでしょうね。オチも素晴らしい作品です。


関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。