スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナリオ工房「泰西王侯騎馬図屏風」




 今回の洋風な絵を江戸時代初期の日本人達が描いたとは、不思議な感じですね。番組中で狩野派の絵と比較してましたが、影の描写とか確かに違ってました。僕の好みではないけど、色彩鮮やかで特にローマ皇帝の描写は政治的意図もあって緻密でした。当時の隠れキリシタンの信仰に頭が下がるとともに、為政者の宗教弾圧の愚かさには言葉もありません。(12/17投稿)


関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。