スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギュスターヴ・カイユボット「床を削る人々」



 カイユボットは印象派の絵(特にドガ)に感動し、自ら筆を取って前衛的な構図の絵を描いたのでした。ルノワール達の絵まで大量に集めてしまうのだから、スケールが大きいですね。「床を削る人々」は職人3人を中心に据えたカメラチックな構図で落ち着いており、また反射光の色彩が印象的です。他の作品からは「そこまでカメラ構図に拘る事ないんじゃないの」と思う反面、前衛的な意味を持つ絵だった事は認めざるを得ません。(1/28投稿)


関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。