スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名のない音楽会

 シュトラウス、いいですね(*^_^*)道化の交響詩ですが物語を音楽でうまく表してて、音感が絶妙というか聴いてて飽きません。しかし主人公の道化もお茶目ですね。物を盗んだり騎士に化けたり学者に化けたり…死刑は厳しい気もしますが。ドイツにはちゃんと彼の墓があるというから驚きですf^_^;ドイツロマン派最後の大物だけあって、いたずら者としての心の余裕や 当時流行した風刺を取り入れる進取の精神もありますね。佐渡さんが惚れ込むワケですよウホッ!


関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。