スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のバガボンド

 今回はあまり印象に残らなかったです…なぜだろう(´A`)又八が描かれているからかなぁ。今さら又八でもないし、未練たらしいというか何がしたいのか分からないです。絵の描写が素晴らしいだけに(お通の表情とか)逆にね…武蔵の側にいたいなら謝りゃいいじゃないですか。癇に触るなら会わなきゃいい。又八だけは前向きに生きてない気がしました。…どうなる?次号。(2/9投稿)


今週のバガボンド

 べしゃり暮らしは休載(´A`)…今回は静かな展開でしたね。嫌いなワケではないですが、絵的には意外とインパクトを感じませんでした。お通の表情が乏しいワケはないのですが。何でだろう。…って無視される又八(笑)彼もいい加減何かを悟るのでしょうか。それともお通との間にケジメ?次号注目です。(2/1投稿)


今週のバガボンド

連載再開ワーイ\(≧▽≦)丿毎週木曜日が待ち遠しいですよ!武蔵とお通たちが再会ですか。ずっと「殺し合いの螺旋」状態でしたからね。ロマンスキボンヌ。…当面の敵、吉岡一門は倒したからストーリー展開が読めません。平和な展開が続くんでしょうか。印象的なコマも特に無かったです。もうじき巌流島かなぁ。

今週のバガボンド

 久しぶりですよ、バガボンド。武蔵の話じゃないのね。小次郎ですか。のっけからセックスしてるし。しかも何か辻風黄平が出てる。懐かしいですね。顔の傷は遊女が原因だったのね。この話、次回に続くんでしょうか。(11/30投稿)


バガボンド最新刊

 いいですね、バガボンド。その美的感覚が好きだなぁ。何より読んでて楽しいです。…ついに吉岡が滅びました。ラストも印象的でしたが、それ以上に「殺し合いの螺旋」の展開が興奮します。大丈夫なのか武蔵、と。植田と蔵人の見せ場の前にも余一塾の襲撃とかあって、展開が巧みでした。「その先を考えてしまった」あたりの間も絶妙でしたね。早く連載再開キボンヌ(´A`) (12/8投稿)


今週のバガボンド

 朱実のせいでストーリーがブチ壊し、今回の第一印象はそんな感じでした。原作無視にもほどがあるし、必要のない場面を敢えて入れた事で 最後の最後で視点が話の流れからズレてしまいました。井上さんのダメな所が出てしまった感じです。絵的に印象に残ったのは、冒頭に蔵人が語るくだりでした。(10/5投稿)


今週のバガボンド

今回もテンションが高かったですね。てゆーかクライマックス。植田良平が一の太刀を外して力尽き、蔵人と武蔵が斬り結んだところでエンド。次回でケリがつくのでしょう。しかしまぁ命を激しく燃やす男達の何とカッコいいことか。回想から入り植田良平が一の太刀を外した場面は特に最高でした。

今週のバガボンド

 最近バガボンドが楽しみで仕方ありません。今回もテンションの高い展開で、死んだふりの植田と蔵人がついに武蔵に襲いかかりましたよ!吉岡憲法の回想も絡まって、植田の一の太刀が一閃。武蔵の運命やいかに?毎週いい所で終わるんだから、もう。…ちなみに今回のカットで気にいったのは二人が武蔵に襲いかかるシーンでした。(9/14投稿)



今週のバガボンド

今回も面白かったです。戦いが終わって帰りかける武蔵ですが、刀を探しているうちに光悦の顔が浮かびます。「美しくない」戦い。背景の死骸の山の描写がまた荒んだ感じに思えて、絵にもインパクトがありました。最後も気を持たせる終わり方で、きっと次回にケリがつくのでしょう。来週が待ち切れません。

今週のバガボンド

 今回は植田良平による独白の巻で、いよいよシリーズも終わりが近い印象です。「なぜ一人の武蔵を倒せなかったのか」というストレートな疑問から「覚悟の違い」そして「吉岡憲法の精神からの凋落」という現実に行き着いたわけですが…剣が無用な時代に武蔵が現れた意味。次回、武蔵と植田良平の対決から目が離せません。(9/1投稿)


最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。