スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランダースの犬/#43「アロアのおてつだい」,#44「おじいさんへのおみやげ」

遂にジェハンが死んでしまいました(ToT)
思ったより早かったです。

次回はジョルジュと別れ、次の次は風車小屋の
火事ですから、展開は急ですね。

弱ったジェハンに高い肉を買ったネロ、優しいですね(*^o^*)
アロアからも優しくされたし、ジェハンはある意味
幸せな一生だったのではないでしょうか。

(3/7投稿)

フランダースの犬/#41「なつかしい長い道」,#42「となりに来た人」

41話のほうは、ジェハンが残り少ない命で
今ある環境を確かめるような話で泣けました。

フランダースの犬が何故名作と呼ばれ愛されるか、
分かる気がします(ToT)


今回セルジオが越して来て、ネロの仕事が減ってしまいました。
物語が終盤にさしかかっている事を嫌でも意識します。

ネロがジェハンに黙って仕事探しをした時は不憫でしたが、
そんな中でジョルジュ・ポールが
仕事を探して来てくれた時は嬉しかったです(ToT)

(2/29投稿)

家なき子/第17回「さようなら白鳥号」

セットの町で、とうとう別れの時が来ました。
レミが自分で判断しても良かった気はしますが、
ビタリスの判断はレミの為を思った素晴らしいものでした(*^o^*)

ミリガン夫人・アーサーの悲しみようは
並大抵ではありませんでしたが、
また会う時が来るでしょう。いい人達でした(ToT)

(2/26投稿)

フランダースの犬/#39「心をつなぐ二つの旗」,#40「おじいさんの口笛」

今回、アロアはネロの仕事の苦しさを労り、
ジェハンは無理してパネルをネロにくれました。

不快な事もありましたが、
良い事も充分あったのではないでしょうかf^_^;


しかし、ネロの欲しい物はいつも都合良く湧いて来ますな。
「絵描きを我慢して金を稼ぐ」はまた長続きしないし(-.-;)

ジェハンが倒れたし次回隣に人が越して来そうで、
いよいよいけません。

(2/23投稿)

家なき子/第16回「夢に見た二人の母」

アーサーの病状が悪化してしまい、
レミ達は強雨の中 アラン達を探しに行くことに。

カピの活躍もあり、レミの必死の行動は報われました。
良かったですね(^-^)


今回 ミリガン夫人に母親のような感覚を抱いたレミですが、
次回には別れの時がやって来るようです。何だかなぁ…(-.-;)

最近 僕がビタリスの存在を忘れているのは、
本人に申し訳ないですが(笑)

(2/22投稿)

家なき子/第15回「しあわせな船旅」

レミとアーサーが仲直り出来て良かったですね。

レミが浮かれて失言した時は、
どうなる事かと思いましたが…(-.-;)


一方、ミリガン夫人の厳しさが垣間見えましたが、
レミは彼女の信頼も得る事が出来ました。

実の親子だけに、変な誤解が残らなくて何よりでしたf^_^;

(2/23投稿)

フランダースの犬/#37「うれしい知らせ」,#38「ネロの大きな夢」

アントワープで絵のコンテストについて、
告知がありました。

高額の賞金も出るようで、
今後 ネロの大きな目標になりますねf^_^;
ジョルジュ・ポール、グッジョブ!


逆に物語も終盤に差し掛かって来たのを意識します(-.-;)

今までと違ってネロの絵画への思いも具体化したし、
残された人生が短いと言う意味でも
ネロの絵が集大成の時期を迎えていますね。

(2/24投稿)

家なき子/第14回「白鳥号のレミ一座」

白鳥号でアーサー・ミリガン夫人・アラン達と
過ごした時間は、楽しいものでした(*^o^*)
レミに初めて訪れた機会ではないでしょうか、本当に。

あと、ミリガン夫人が実はレミの母と言う、
衝撃の事実が明らかになりました(°□°;)

今後どうなるのでしょうか。
小公女セーラ、フランダースの犬あたりより面白いです。

(2/7投稿)

フランダースの犬/#35「お帰りアロア」,#36「アロアのくすり」

前回散々気を揉ませましたが、アロアが遂に帰って来ました。
ネロも明るくなって良かったですね(^-^)

医者らしからぬ優しさの先生には
違和感を覚えましたが、ネロにはいい結果でした。

ただコゼツとハンスの存在を思うと、
先行きには不安を感じてしまいます(-.-;)

(2/6投稿)

フランダースの犬/#33「こころの手紙」,#34「ヌレットおばさん」

ヌレットが娘の所に行ってしまいました。
やっぱり淋しいですね(ToT)

今までネロに嫌な事があった時も、
優しい言葉をかけてくれた人でしたから。
ネロの味方がまた一人いなくなりました。


一方、ミッシェルの「ネロを引き取って樵に育てたい」と言う提案に、
ジェハン・ネロはチャンスを逃してしまいました。
コゼツ・ハンスの悪意から離れる事も出来たのに。

将来、二人にとって高い代償を払う事になりそうです(-.-;)

(1/26投稿)

最近のコメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
お気に入り
お知らせ
当ブログは、各種媒体を個人的趣味として応援するものであり、営利目的ではありません。 記事の内容にお気付きの点がありましたら、コメント頂ければ対応を検討いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。